BLOG

『DUNE』続報 笑。

 

先日から2度にわたって映画 『DUNE 砂の惑星』 を取り上げていますが。

公開間近になって、またまた新たな情報を入手しました。

なんと同じ話題で3回目!!。

僕だけが楽しい(笑)。

それは作られなかった 『DUNE』 の構想があったと。

僕が見た一作目は1984年制作版でした。⬇︎

そして今回ご紹介の未完の制作構想は1975年だったと。

ものすごい熱意を持って 『DUNE』 を制作しようとしたのは映画界の奇才と言われたアレハンドロ・ホドルフスキーで、『エル・トポ』 という大ヒット映画を撮って主演した監督兼俳優兼詩人兼タロット占い・・・という奇才だったようです(笑)。

キャストもほぼ決まり、絵コンテも膨大に仕上がり、あとはスポンサーと配給会社というところで・・・。

未完の 『DUNE』 は構想1年で破綻したみたいです。

なんとも残念だったのか、荒唐無稽な計画だったのかは今では知り得ない・・・。

・・・こともない様です!!。

その破綻の様子をドキュメンタリーにした映画が作られていたみたいです。

それが2013年に制作された 『ホドルフスキーのDUNE』 です。⬇︎

計画が破綻した、その経緯がドキュメンタリー映画になるって・・・どんな経緯か非常に気になります。

『DUNE』 愛好家としてはこれを見てから新 『DUNE』 に挑まねばと(笑)。

素朴になぜ頓挫したのか?。

ちなみに言い伝えによると・・・12時間の上映時間を予定していたとかいないとか・・・笑笑笑。

今作の155分でもなかなかですが、720分とは。

さすがにハリウッドも手を引きますかね(笑)。

実現は難しいでしょうねー、でも見たかったなー。

 

公開が迫る中、徐々に僕のテンションは上がっています。

 

では無事に鑑賞できたらその頃にでもまたですね。

 

 

 

 

追記:

『失敗してもかまわない、それも一つの選択なのだ』

なかなかな名言ですね。

どんな人生でもそれが一つの選択ですね・・・。

 

 

 

2021年10月05日
ムール貝、可愛い器で?。

 

エスカルゴのオーブン焼き・・・。

美味しいですよね。

しかし・・・よ〜く考えてみると・・・。⬇︎

そうですね・・・やはり見たことはあります。

しかしエスカルゴ?ではなかった様な・・・笑。

ここまでいくと。⬇︎

殻付きは間違いなく経験ないかも?(少なくとも記憶上はないような・・・)。

以前、殻だけ売ってました!!って話題にしたことはありますが。

似たものはよく食べていますが・・・(よくではないですね 笑)。⬇︎

雰囲気エスカルゴのムール貝版です。⬆︎

このソースをパンにつけて食べると、時に美味しすぎて涙が止まらなくなります(笑)。

これを頼んでみんなで分け合って。

もちろん一人占めしてもいいんですが(笑)。

この6穴の陶器がなかなかに良いな〜、テンション上がるな〜って以前から思っていましたが。

料理の共有が・・・ってことで考えられたこちら。⬇︎

一人づつ用!!。

意外や意外、めちゃくちゃ可愛いと思いました。

みんなでワイワイ共有が一番楽しくて美味しいとは思うんですが、この発想はそれはそれでなかなかだと。

ジュージューと香ばしい音がしてました。⬇︎

美味しいねムール貝!!。

しかしエスカルゴも食べてみたい・・・。 !!  ⬇︎

なんと!!、これが現在400円(価格に変動あり 笑)。

このお皿は・・・そうですねサイゼリアです!!。

なんと本物エスカルゴがこの価格で頂けるようです、それも結構前から。

 

これは急がねば!!。

 

今週はずっと快晴続きですね。

朝が晴れやかだとやはり気持ちは良いですね。

今日も明日も晴れやかにいきたいものです。

 

それではまた明日も晴れやかでしたら。

 

 

 

 

2021年10月05日