BLOG

スナックエンドウ?スナップエンドウ?。

 

最近の素朴な疑問。

スナックエンドウ、スナップエンドウは同じもの?。⬇︎

結論は同じものでした、もう答えが(笑)。

時々頂くことがあり、そのまま茹でても絶品ですし、教えて頂いた揚げる食べ方も。⬇︎

パラっと塩を振っても、そのままでも・・・絶品です。

ではこの呼び方の違いは?。

要は和解釈かアメリカ解釈かの違い。

スナックと言われれば、思いつくのはスナック菓子。

なので、お菓子のように気軽に食べれるエンドウだという解釈。

それではスナップは?。

僕がすぐに思いついたのは、スナップを効かせてビュッと投げる(まるで今宮選手のスローのような 笑)。

要するに手首を効かせて鋭く投げるって表現時に使うスナップ。

でもこれではエンドウにつながりません(笑)。

そこでカタカナではなくsnapで調べたら・・ポキっと折れるという意味があると。

知りませんでした。

でも手首を効かせてということは、鋭く手首を曲げて=折って=スナップを効かせてになりますね。

ここでエンドウに話を戻すと、ポキっと折れるエンドウということに。

確かに新鮮なものはポキっと折れますね。

なんてダラダラ書いていますが、調べたらたくさんの解説が既に溢れかえっていました(笑)。

みなさん同じものだとご存じだったようです。

ちょっと食べたくなってきました・・・帰りに探してみます。

ところで・・・、旬な時期はいつなんでしょうね?。

 

 

 

2022年07月14日
本屋さんで個展。

 

昨日も小雨が降ったり晴れたり曇ったり、それだけ天候は自由だってことかと(笑)。

そんな帰宅時には・・。⬇︎

見事に曇り模様でした。

気持ちは晴れ晴れでしたが、なんとなく前日に続いて渋滞が・・笑。

渋滞も読めませんから仕方ないかとゆっくり帰りました。

それでは今朝は?。⬇︎

雲の隙間から青い空が・・・。

雲が広がるのか、青空が広がるのか、やはり読めません(笑)。

さて、『五味太郎』さん、僕は初めて聞きました。

どうやら絵本作家さんのようです。⬇︎

僕のように初めて知った方へ。

『五味太郎…1945年、東京都生まれ。絵本作家。桑沢デザイン研究所ID科卒業。

絵本を中心とした創作活動を続け、400冊を超える作品を発表。海外でも50数

種類の本が翻訳され、10数カ国で出版されている。』

この世界ではかなりの著名人のようです。

先日、とある書店を訪れたら個展が開催されていました。⬇︎

書店で個展?。

『6Bの鉛筆で書く』ジークレー展だと。⬇︎

どんな絵本なのか気になるのでちょっと覗いてみました。⬇︎

こじんまりとした会場でした。

それにしても、絵?。⬇︎

一角には。⬇︎

絵本も。

それにしても、これが絵なんだ・・・。⬇︎

写真みたい・・・。⬇︎

6Bの鉛筆で描くとこんな写真のような絵になるんだ・・・すごいな、と思って全てを見終わりました(笑)。

そこで個展を出たところで、気になる『ジークレー』を調べてみると。

どうやら新しい技術のようでした。

なんでも、再現性・耐光性に優れているのが特徴で200年ほど色褪せもしない印刷技術だと!!。

しかも、この個展は絵本作家さんが撮りためた写真をジークレー印刷した写真展でした(笑)。

どうりで写真のように見えたはずです(笑)。

世界の風情ある写真ばかりでした。

この20年で撮りためた写真からセレクトされている写真付きエッセイ集のようです。⬇︎

写真って貴重です。

書かれているように、写真の魅力はすべて過去のある日ある時、そしてある事、ある人ですよね、それが全て、まさしくそうですね。

他の写真とエッセイも是非見てみようと思いました。

ちょっと訪れた場所でも今まで知らなかったものやひとに出会えます。

これからもいろんな場所を訪れてみようと、知らないものに触れてみようと思います。

特別な場所でなくても、特別な場所でも・・笑。

ちなみにこの会場は本屋さんの店内の一角にありました。⬇︎

本当にさりげなく一角に溶け込んでいて、このさりげなさが素敵でした。

最後に、6Bの鉛筆ってどんな感じなんでしょうね。

勿論使った事ありませんが、噂では凄く滑らかな書き心地のようです。

芯も通常の鉛筆に比べて太いみたいですよ。⬇︎

右が6Bです、太いですね(笑)。

これで書いたら絶対に太い字が書けそうですね。

そうか!!。⬇︎

この字そのものが6Bで書かれているんでしょうね。

これは実際に一度書いてみたいと思いました。

今週末はお天気がすぐれなければ文具屋さんかな・・・笑。

 

それではまた思いつくままに、な頃にでもですね。

 

 

2022年07月14日
ビームスでランドセル。

 

いろんなランドセルがあります。⬇︎

こんなお洒落なランドセルだったら勉強いっぱいしたくなりますね・・?(笑)。

しかし、小学生からビームスデビューって羨ましいです、僕は年季の入ったお下がりの真っ赤だった・・・・、いやいや黒でした(笑)。

 

 

 

 

2022年07月13日
ハンバーグナイルカレー。

 

以前ほっかほかに仕上がる絶品キーマカレーを頂いた話題をしましたが。

今度はハンバーグでした。

もう大丈夫です、食べ方は知っています(笑)。

容器から出ている紐を思いっきりながらも慎重に引き抜いて・・。⬇︎

しばらく待てば湯気が出てきて・・・。⬆︎⬇︎

はい出来上がり(笑)。

ハンバーグもしっかりしたものですごく美味しかったです。

いつもお世話になってばかりですみません。

午後からの診療も元気満々でした。

 

 

2022年07月13日
様々な地場コーラ。

 

昨日もスッキリしない1日でしたね。

降りそうで降らない雨、少し晴れたかと思ったらまた曇り・・。⬇︎

しかし帰宅時の隙間から見えた空は青かったです。

さて、数年前に地場コーラが流行りました。

その際のブームの牽引になったのがこちらのコーラだったかと。⬇︎

『伊良(いよし)コーラ』です。

これはその時に購入し今も大切にその時期を待っているとっておきの一本です(笑)。

それではあのブームから現在はどこに落ち着いているのか・・・。⬇︎

タワー全体に様々なコーラが積み上がってました。

伊良コーラは?。⬇︎

ありましたが、僕の秘蔵物とは形状が変わったようです。

さらに、今では様々なものがあるみたいです。⬇︎

キハダコーラ。

これ一本で8杯分のコーラが作れると。

要は何かの濃縮液のようです。

奈良県の会社が作られているようで、キハダの実と紫ウコンが主原料だそうです。⬇︎

ビールに入れる飲み方も!!。

これも試したくなりますが・・・。

ここまできてちょっと??になってきました。

そもそも『クラフト・・・』のクラフトとは?。

クラフトとは手作り、自家製という意味だと。

なので少量生産の手作りで、手間ひまかかってますよ、大量生産できませんよという意味になるかと。

さらに、最近ではクラフトビール、クラフトジン、クラフトチョコレートからクラフト焼酎まで(笑)。

いろんなクラフトがたくさんあって楽しみが倍増です。

ちなみにこちらの『DEAN&DELUCA』さんでは他にも沢山のコーラが用意されていました。⬇︎

黒いボトルの『YAMA COLA』の主成分は菊炭、ゆず、米、生姜だとか・・。

こちらは能勢発。

能勢とは大阪の町の名前みたいです。⬇︎

大阪の一番上の町ですね。

ここなら自然が豊かな地域という気がします(よく知りませんが 笑)。

ちなみに。⬇︎

こちらでも見かけました。⬇︎

でもそのまま飲めるタイプより『濃縮タイプ』が多いようです。

東京でも。⬇︎

今年の夏はコーラ三昧ですかね。

ここまでくると今度は素朴な疑問がまたまた・・・『コーラ』って?。

基本がわからなくなってきました(苦笑)

以前にも話題にしたような記憶がありますが、忘れました(笑)。

元々はコーラナッツからの抽出液が使用されていたようですが・・・現在ではあの二大巨頭ですら使用していない?と・・・。

しかし、逆に伊良コーラさんなどのクラフトコーラには入っているものも多いと!!。

これは・・・定まっていないとも言える?・・・。

考えれば考えるほど、調べれば調べるほど・・・混迷を極めてきます・・・。

そんな折、詳しく交渉されているサイトを見かけました。⬇︎

『クラフトコーラの定義について。その”現在地”を紐解こう』

素晴らしい解説です。

世の中にはすごい方もいるものですね、やはりマイスターさんです。

さらにこちらのマイスターさんが、当ブログで今回取り上げたコーラについて解説されているサイトも見かけました。⬇︎

『マイスターがレクチャー。意外と知らない「クラフトコーラ」キホンのキ』

ここまで解説されたらやはり飲みたくなってきます(笑)。

暑い夏を乗り越える一手になるかもです。

今朝は。⬇︎

真っ青でした、十分に水分をとって過ごしましょう。

しかし・・・塩分・糖分の摂りすぎには注意ですよ・・。

 

それではまたそのうちにこそっとですね。

 

 

追記:

ちょっと不安になったので、先にご紹介した僕の秘蔵クラフトコーラを調べてみました・・・!!。

やってしまっていました・・・。⬇︎

2021.0505・・・・・・・。

これの意味するところは・・・泣。

大切にし過ぎるのも考えどころかと・・・大泣笑。

買ったら早めに頂きましょう。

 

 

 

2022年07月13日
尖った雲。

 

週末、ビルの隙間から。⬇︎

菱形の角のような・・・。⬇︎

つくづく曇って面白いなと思います。

そのうち六角形の雲なんかも見たりして(さすがに 笑)。

また今日も見上げてみましょう(笑)。

 

 

 

2022年07月12日
またしてもお菓子が回転。

 

先日訪れた某百貨店では、相変わらず元気にお菓子が回っていました。⬇︎

ワクワクしますねー。

目ぼしいものを探したら。⬇︎

たい焼きやら若鮎といったお魚さん系をみかけました・・・。

ちなみにこちらの『若鮎』さんはゼリーですかね?。

隣に。⬇︎

植木のスイカの果汁から作ったスイカゼリーが並んでましたから、鯛と鮎も熊本特産なんでしょうか?。

(スイカの果汁から作ったかは真偽不明ですのであしからず 笑)。

数年前にも回るお菓子を見てときめきましたが、今回も変わらずでした(笑)。

思わず買い物籠をまた手にするところでした・・・笑。

最後に、いろんなものに感謝です(笑)。⬇︎

どうやら70周年の『感謝』のようです。

70年も回っているんだ・・・やはり感謝です。

 

 

 

2022年07月12日
魅力的な雑誌ばかりで・・。

 

連日の真夏日、いかに元気に過ごせるかが今夏の鍵となっているかと。

昨日はなんとなく外が暗かった時間帯が多かったかと。

そんな昨夕は?。⬇︎

どんよりとした湿気が多そうな雲に覆われていました。

しかし帰宅時ともなると気分は晴れやかでしたが(笑)。

それでは今朝は?。⬇︎

重なる雲の隙間から青空が見えるような・・・快晴ですかね?。

答えは後程に(笑)。

さて、来週末の久々の連休は予報では天気が良くない?と。

昨年は土砂降りの福岡だったと記憶していますが、またしても?。

それならば好きな本や雑誌や映画を見たり・・それなりに過ごし方はあるものです。

そんな来週末を控えて、とある雑誌に目がいきました。⬇︎

『Casa』さんです。

僕も車にはデザイン性を求めますから(笑)、『時代を超えて愛される、デザインの良い車』なんて言われたら目を引きます。

表紙はシンプルデザインの極みとも評される『ゴルフ』ですね。

今では輸入車黎明期の大ヒットを経て熟練のクルマへと。

学生時代には友人の愛車でしたし、研修医時代には先輩の車でもありました。

欲しかったけど買える車ではありませんでした。

本国ドイツでは普通の人々が乗る車でしたが、日本ではあと数日後に迫った7/15に新型発表を控えている『いつかはクラウン』のクラウンと同じ程の価格の高級車でしたから。

勿論購入しましたが、『カーサ』をですよ(笑)。

パラパラと捲るだけでも・・・これまた時間がかかりそうだな・・。

なんとも魅力的すぎる内容のようでしたから。

以前久々の購入をご報告したこちらと同様な危険な(魅力的な)匂いを感じました。⬇︎

『ポパイ』さんが153P、『カーサ』さんが162P。

毎日6P読んだとしても・・・苦笑。

もっと早く読めば?って声も聞こえますが、こんな素晴らしい特集をですね・・笑。

そして気づきました、この2誌、ほぼページ数が同じですが・・。⬇︎

厚みに結構な差があります。

どこにこの差が生まれたのかまで気になってきました(笑)。

これは週末が楽しみです・・・と言っていますが晴れたらまた予定は変更になるかもですが(笑)。

こんなことだから買いためた雑誌や本が積み上がっていくんでしょうね(苦笑)。

そして、実は『Casa』さんを見かけたこの時に・・よく見ると。⬇︎

福智山、佐田のホビー、ムー・・・。

全て気になりました(笑)。

福智山とは北九州の山ですよね、佐田のホビーの佐田とは福岡出身の芸人さんバッドボーイズの『佐田』さんですし、ムーといえばオカルトの代表雑誌ですから、興味が出ないのは無理な話です(笑)。

もっと良く見ると。⬇︎

佐田さんのサイン入り色紙とポスターもありました。

そして、僕も秀逸なクルマデザインの一つと思っている、佐田さんの愛車『ブタケツ』のローレルも表紙に写っていました。⬇︎

ちなみにブタケツとは。⬇︎

バンパーとリア面が大きいことからブタさんのお尻みたいに見えるってついた呼び名です(笑)。

ブタさんに失礼な表現なのか愛のある呼び方なのかは・・・笑。

サバンナやローレル、ベレット・・昭和の旧車も魅力的な車が目白押しです・・・。

どんどん話が逸れていますが(笑)。

週末晴れたなら福智山も僕が登るには適当な高さかと・・・、でも『ムー』の世界へ導かれるのも・・・。

結局、連休の過ごし方はいまだ未定です。

あの次作も公開間近ですしね。⬇︎

しかしまだ今週も始まったばかりです、まずは今日をいつものように過ごしてから考えましょう。

 

それではまた気が向いたらそのうちにですね。

 

 

追記:

新しいクラウン・・・どんなものに生まれ変わるのか?。⬇︎

トヨタ クラウン_001

少し興味があります(笑)。

 

2022年07月12日
カシミール再び。

 

暑い夏こそやはりカレーです。

最近の流行はやはりあそこの・・・。

本当に美味しいです、カシミールはこれで十分、いや十分以上かと。⬇︎

艶も最高で、やはり具沢山です。

これがロイヤルホスト風です(笑)。⬇︎

そして課題の盛り付けは?。

前回の失敗を糧に・・、今回は綺麗に。⬇︎

なかなかな盛り付けが出来たかと自負しています(笑)。

食べながら辛さに悶雑することはありませんが、食べ終わりにはしっとりと汗をかきます(笑)。

食後は。⬇︎

ひんやりの『ほろにがコーヒーゼリー』がちょうど良い感じでした。

これで150円なんて信じられません。

 

 

 

2022年07月11日
自宅でかき氷。

 

週末も夏ですから当然暑かったですね。

7月もはや3分の1が過ぎました、もうすぐ夏休み・・・僕にはありませんが(笑)。

夏休み前から随分と夏らしい気候になっていますが、学生さんに負けないように楽しく過ごしたいなと思っています。

そんな夏といえば、やはりかき氷が美味しい季節です。

冷をとる最適な手段の一つで、最近では新鮮フルーツを使った高級なものも多いですね。

しかし、昔ながらの袋に入った『袋かき氷』もやはり美味しいですし、お祭りなどでよく食べていた『カップかき氷』も忘れられない味です。⬇︎

そんな様々なかき氷ですが、最近では自宅で楽しむ方も増えている?のではと思います・・・というのも、家電売り場などを覗くとかなりの確率でハンドメイドかき氷マシンをよく見かけます。⬇︎

以前からも見かけていましたが、最近はこだわりの品が増えているような気がします。

数年前からアイスをかき氷状にするものも見かけていました。⬇︎

しかし、なんと2011年から発売されていたようです。

そんなに前から皆さん楽しまれていたんですね(笑)。

そんな商品の復刻版が販売されていました。

いろんなアレンジもあるみたいです・・・。⬇︎

こちらは『タカラトミー』さんと各種アイスバー企業とのコラボ製品ですが、硬くて有名な『あずきバー』のかき氷マシンも見かけました。⬇︎

こちらはあの硬さ故に開発までには失敗の繰り返しだったとか。

僕もあずきバーは大好きで、あの硬さに挑みつつ楽しんで数十年でしたが・・これでまだまだ安心して頂けるかも(笑)。

こちらは2017年発売です。

さらには、実はキッコーマンさんの豆乳を使用したかき氷マシンも販売されているとか・・・。

なんでも凍らせれば削れる時代が来そうです。

そんなかき氷マシンの今年の流行は『ふわふわ』のようです。⬇︎

プリンからフルーツまで、凍らせてフワフワに。⬇︎

凍ったプリン・・・これは未体験ですが・・・。

そういえばプッチンプリンを凍らせて食べている人が近くにいます・・・削ってはいませんが時代を先取り?(笑)。

その他にもいろんな製品が特集されていました。

今夏を健やかに乗り越えるためにも冷を取れる製品に目覚めてみようかなと思っています。

凍り焼酎でもシャリシャリしてみましょうか・・・笑。

 

それでは今週もいつものようにいきましょう。

またそのうちにですね。

 

 

2022年07月11日