終わりましたね。

終わりましたね。

 

週が明けたらいよいよ3月も終わりに近づいています。

いろんな別れや出会いが多い3月4月ですが、このような3月になるとは誰もが予想はできませんでしたね。

早くいつもの時が流れますように・・・。

さて、昨日は楽しみにしていたドラマが最終回を迎えました。⬇︎

黒幕は誰か?にファンの方の予想が過熱していましたが。

みんさんの予想はいかがでしたか?。

僕の予想ですか?。

そこは昔からの推理小説マニアとして外すわけにはいきませんが・・・笑。

最近では芸人さんたちの演技力が話題になることも多いですが、『霜降り明星』せいやさんの鬼気迫る演技には驚くものがありました。

迫力がありましたね。

さて、お兄ちゃん役の子役さんの笑顔が印象的に描かれることが多かったんですが。⬇︎

みんなが何事も起こっていない未来で楽しげに勢ぞろいする中。

最後のシーン・・・。⬇︎

ん?。

お父さんもいます、お母さんも元気、婚約者も無事に、もちろんお姉ちゃんも・・・。

ここからみなさんの感激驚嘆の声が(笑)。⬇︎

澤部さんがお兄ちゃんの将来になっていました!!。

なんでしょうねー、いろんなことがあったことを知っているお父さんを含めてみんなの幸せなシーンにいきなり登場の澤部さんがダントツの存在感を示していました(笑)。

このシーンでこれが用意されていたとは(笑)。

さて、終わってしまったわけですが・・・やはりタイムスリップものは後が大変です(それが楽しみでもあります 笑)。

よく考えるといろいろと???な点が出てきます。

今回僕が思った疑問点は・・・。

お父さんだけが以前のことを知っているような描かれ方でしたが・・・。

小さい時に主役の竹内涼真(心)の姿を見ているのはみんな同じですから・・・のちに生まれてきた心(竹内涼真)の姿を見て、みんな見たことのあるあの心さんだ!!って・・・。

などなど・・・。

他にもたくさんあるんですが、そこはタイムスリップものの面白みの一つということで疑問を解決しようとせずに余韻を楽しんでいくことにします(笑)。

さて僕にはまだ楽しみが残っています。

あとは一気に最初から最終回までドラマを見る・・・ではありません(笑)。

残すところ2巻(9巻と10巻)の漫画を見て原作とドラマとの違いを楽しもうと思っています(笑)。

 

桜もちらほらと。

今週末にはきっと見頃になっているでしょうね。

いろんなことがあっていても時は過ぎていきます。

今週もいつものようにみんなで前へ進みましょうね。

 

それではいつか桜のつぼみでも見つけた時にでもですね。

 

 

 

 

2020年03月23日