BLOG

旧ロフトさんへ。

 

『雨でも歩こう同好会』会長でもあるので、小雨なら尚更・・進んで散策へ出た某日。⬇︎

こちらは『Luz FUKUOKA TENJIN』さんです(裏から一枚笑)。

どこ?。

そうですね、以前『ロフト』さんが入っていたビルです。

実はまだ一度も入った事がありませんでした。

スポーツ全般においていまだ現役を自負している僕にとってある意味聖地かと(・・部活に入ったことがありません笑)。

懸念されていた地階の自転車屋さんはそのままでした。

相変わらず素敵な自転車が目白押しでしたが、僕は・・、これまた残っていたホビーショップのショーケースに釘付けでした笑。

ビル全体がスポーツの総合ショップの装いでした(当然ですよねスポーツ店ですから)。

ただ思っていたのとは違い、かなり面白かったです笑。

その中でもこちら。⬇︎

『CHUMS』さんのコーナーが目立っていて、どこか新鮮な感じもしました。

昔から見たことある気はしますが・・。

ちょっとだけ調べたら、アメリカのアウトドアブランドで、日本には2008年から展開されているようです。

そしてイメージキャラの鳥はなんとペンギンではないと・・苦笑。

どうやらカツオドリという水陸空万能の鳥みたいです(だからアウトドアのイメージにピッタリなんですね)。

思わず、キャラのぬいぐるみを買おうとしました笑。

そして思いました、人が水陸空万能だったら・・恐ろしいですね笑。

 

 

2024年05月24日
『紀ノ国屋』さんへ。

 

いよいよ梅雨入り間近の福岡になってきました?。

そんな今朝の空は。⬇︎

ちょっと不穏な気配を感じますが・・金土日はなんとかいけるでしょう・・なんて願望を笑。

さて、最近岩田屋『紀ノ国屋』さんへ行けていません。

何故なら・・福岡に居ないことが多いからというシンプルな理由から笑。

しかし、紀ノ国屋オリジナルせんべいはまだ数種類ありますので、そこまで必要性にも駆られていなかった・・というのも理由の一つ。

そんな某週末、熊本某百貨店(一目瞭然)をやや疲れ気味?に散策笑。

実はこの日は様々な視線(万◯き?、◯着趣味? 笑)を浴びすぎて苦笑、ややフラフラになりながらの地階訪問、その結果、元気が戻ってきました。

その理由はこちらの特売コーナー。⬇︎

何やら特売所?、棚に緑が目立ちますし、なんとなく見慣れた商品が?。

そして向かいの棚に・・。⬇︎

全日本・大人の・おつまみせんべいランキングNo1の座を譲れない?赤いせんべいが沢山並んでいました。

ここまで品が揃っていれば、ここが何の特売会場かは疲れ気味の僕にも分かりました笑。⬇︎

こちらは『鶴屋』さん地下一階の『紀ノ国屋 期間限定特別販売会』でした。

ざっと見て回りましたが、福岡でも大人気な商品は全てありました。

さらには福岡では見た事も無い『おせんべい』までもが・・(こんなものあったんだ、しかし何故にこちらに?)。

またしても『鶴屋』さんやってくれました笑。

こちらのバイヤーさんが特別の目利き集団なのか?、独自の仕入れルートを構築されているのか?、福岡には無いお店や名品がさり気なくある事が多いんです(これだけ天神と熊本を行き来している僕が言うので間違い無し・・とまでは言いませんが笑)。

ちなみに先週の当ブログでも、以前にも数回以上話題にしているNYのグルメスーパーの『ゼイバーズ』さんのコーヒー豆があったりします(NY以外での販売は全世界熊本の『鶴屋』さんだけ!!、これはとても凄い事なんですが・・あまり皆さん関心が無い様子笑)。

それ程昔から存在しているからでしょうね(福岡では知らない方も多いのに、知りすぎて無関心の凄さ笑)。

さらにはウィーン王宮御用達のチョコレート専門店『DEMEL』さんがあったり・・。

最後に(まだあるんです笑)、発売されたら即完売と言われる幻ワインを生んだワイナリーの品々が結構置いてあります(ほぼ全ラインナップ!)。⬇︎

絶対に『CAPCON(カプコン)』さんと『鶴屋』の社長さん同士、もしくはバイヤーさんのどなたかの癒着・・じゃなかった笑、が懇意の仲なんでしょうかね?笑。

そして、奥のビンテージコーナーを覗くと・・。⬇︎

こちらにも多種のケンゾーワインが揃っています。

そして見つけてしまいました。⬇︎

『あさつゆ』のハーフとフルボトルを・・。

フルは残り一本のみ・・さて(日頃はほぼアルパカの僕には?笑)。

このように『鶴屋』さんの特別な実力をご紹介・考察しましたが笑、今回の『紀ノ国屋 期間限定特別販売会』でもかなりギュッと詰まったラインナップでした。

ここまで集められたら福岡へ行かなくても大丈夫(冗談ですお越し下さい笑)。⬇︎

販売会期はまだまだ今週末過ぎの5/27(月)までです(最終日はかなり賑わうでしょう)。

皆さんまだ間に合いますよ(ギュッと詰まってますよ笑)・・ってどなた向けの案内でしょう笑。

そして荷も重くなり?、表に出たら・・・。⬇︎

見えているんですよねー、やっぱり熊本が羨ましい。

さり気なくいろんな所から見えるんです天守閣が。⬇︎

やはり福岡も作らないとですかね・・(懲りずにまた言っています微笑)。

 

今週も粛々と過ごしましたが、あっという間の1週間でした。

また来週も元気に過ごせたらなと思います。

それではまたそのうちにですかね笑。

 

 

2024年05月24日
教会でカフェ。

 

今朝も気持ちのいい気温でした。

梅雨入りした沖縄地域では相当な雨量を記録しているようです。

今年は久々に空梅雨では無いかもですね。

一度に大量では無く、昔のようにダラダラいつまでもの方が災害がなくて良いんですけど・・。

イベントの時だけは降らないでね、なんて自分勝手なことを考えています笑。

そんな今朝空は・・。⬇︎

徐々に梅雨入りに近づいているような気がしました。

さて、先日久々に訪問した神戸で、せっかくなら趣深い場所でモーニングでも食べたいなと・・見つけました、最適な場所を。

三宮駅から徒歩で5分と好立地。

途中の雰囲気もどことなく異人の街といった雰囲気でした。⬇︎

程なくすると案内図が・・。⬇︎

えっと・・、載っていませんでした笑。

大丈夫です、google地図では間も無くですから。

まだ開店30分以上前なので・・、お店は表通りから一本入った路地にある予定・・。⬇︎

さすが人気店です、結構待ち人多い様子。

すぐに列に並びました。⬇︎

組で言えば、約9組程が並ばれていたかと。

この時点で9時30分弱。

開店は10時ですので、間も無くです(最近30分の待ちなんて体感1分です、気が長くなりました笑)。

こちらは1924年神戸で創業されたそうです。

教会をリノベーションしたCafe & Shopで大人気のお店で、いつからこちらの教会を使われているのかは・・よく分かりません笑。

でしたが、お店と教会の歴史を刻む石碑がありました。⬇︎

どこよりも詳しく刻まれていました(当然ですね笑)。

せっかくですから。⬇︎

この建物の由来は、神戸の開港と共にキリスト教の各教派に属する牧師及びその信者達が1870年(明治3年)・・ユニオンチャーチと称し活動したことに始まります。・・ゴシックスタイルの会堂が1929年(昭和4年)6月この生田町の地に神戸ユニオン教会として誕生。その後・・1995年(平成7年)1月の阪神淡路大震災と過去の災害にも遭いましたが、顕著な被害を受けることもなく教会建物としての使命を果たして来ました。1997年(平成9年)フロインドリーブ御夫妻の保存計画により、ジャーマンホームベーカリー固有の手作りパンの総合店舗として施設の充実と改修工事を行い、1999年(平成11年)11月ここにこの建物の新しい歴史が刻まれました。・・・』

ということは、1999年からこの教会で営業されているようです。

しかし、お店の創業は別の地にて1924年ですから、長い歴史のあるお店で、教会より先に創業されていることになり、間も無く100周年。⬇︎

1階がベーカリー&洋菓子、2階がカフェになっています。

一体どれ程の広さで席数があるのかはよく覚えていません(Youtubeで見たのはかなり前)、しかしこの程度なら開店時に座れるかと思いました。

そして時間丁度にオープンでした。⬇︎

入り口から完全に教会で(当然笑)、まるでミサに集う迷える老羊状態で、しっかりと懺悔して・・ではありません笑。

ここで驚きの事実が・・。

先に並んでいた方々のうちの数組は一階ベーカリーへ・・(並んでまで買いたい売り切れるような人気の品があるんでしょうか?・・気になる笑)。

僕はこれまた重厚な階段で2階のカフェへ。⬇︎

そしてこちらがカフェの全景です。⬇︎

あら?よく見えません、そんなに広くな・・。⬇︎

・・い事は無く、広々とした空間が広がっていました。

どこでもお好きな場所へと。

僕は結構真ん中へ(中庸が好きです笑)。

座るとすぐにこちらは。⬇︎

お冷とクッキー。

なんか良いです、早速頂きましたが・・買って帰りたくなりました笑(一階で販売されています)。

席は十分過ぎるほどありましたが、それでも行列の最後の方々はすぐには座れなかった程です。

頂きたかったモーニングエッグプレートは諸事情から休止になっていました。

なので僕はこちらを・・。⬇︎

きのこスープ笑。

これ凄く美味しかったです。

そしてこちらがメイン。⬇︎

こちらの名物のローストビーフサンドとハムチーズサンドのようなもの・・、名前をしっかり覚えていません笑。

厳かな雰囲気の中、黙々と美味しく頂きました・・、というのは当然冗談で、見ての通りのとても明るい雰囲気でした。

和風でお粥もとても良いものですが、洋風でサンドも・・どちらも捨て難いものです笑。

こちらのパイケーキもサクサクで絶妙でした。⬇︎

パイで生クリームを挟むビジュアルは新鮮でした。

あまりにも美味しかったので・・。⬇︎

買って帰りました(少し形状が違うような・・笑)。

でも美味しかったです。

ちなみにこちらのクロワッサンが大人気のようで、こちらは売り切れ必至ですと言われたので、サンドが来る前に一階へ降りて買いに行きました。⬇︎

こちらは夜食になりました、おかげさまで僕のウエストは・・笑顔。

食後は少し中庭を散策しました(あまりみなさん来られていませんでした)。⬇︎

和のお庭も落ち着いた佇まいがいいものですが、お花の洋風庭園も華やかで素敵です。

噴水のドームが良い感じでした。⬇︎

日本庭園の『ししおどし』のようなものが洋風庭園の『噴水』ですかね?。

それにしても見事なドームでした。⬇︎

あまりにも見事でしたので、もう少し接近笑。⬇︎

それにしても元教会でカフェ・・とても良い経験が出来ました。⬇︎

やはりいろんな場所を訪れ、知り得なかったものを見たり聞いたり・・そして食べたりは良いものだと思います。

若い時はあまり魅力を感じていませんでしたが苦笑、感性が鋭い時(目も耳も足腰も笑)にこそ色んな見聞を広めて貰いたいものです。

東京以北へはまだ行ったことが全くありません、機会を積極的に見つけて今後は足を伸ばしてみたいとひそかに考えてはいますが・・いかんせん笑。

今回は昨日と真逆の趣の話題をあげてみました。

文化が違えば食べ物も大きく変わってきますが、どちらがなんて優劣はつけようがありません。

人としての感情・感動は同じでしょうから、みんな仲良く過ごせれば良いのにとの思いを込めて笑。

 

それでは今日も元気にいつものように粛々とです。

また機会でもございましたらその時に。

 

 

2024年05月23日
朝粥 第二弾。

 

今朝も爽やかな気温でした。

昨朝の空を見て梅雨空なんて言っていたら、沖縄で本当に梅雨入りしてしまいました笑。

それでは今朝の空は・・。⬇︎

んーーなんとも笑。

そろそろ九州でもですかね・・、今週末までは大丈夫だと思いますので・・願っています笑。

さて、最近は朝食にお粥がアリになってきています笑。

以前『築地本願寺カフェ』でのお粥モーニングがとても美味しく感慨深いものだったと話題にしました。

実は、その前に某名店でのお粥を頂いたことが、事の始まりでした。

その日は快晴でした。⬇︎

いざ、朝粥へ。

目的地はここからすこし離れています。

凄まじい人出のこの街ですが、まだ朝は閑散と。⬇︎

順調に最寄駅に到着し、そこからもしばし歩きます。⬇︎

お腹も目覚めてきます笑。

程なく近くまで。⬇︎

ここも⬆︎、その先のこちらも⬇︎。

日頃だったらかなり惹かれるお店なんですが、この日の僕は違っていました笑。今回の訪問先は、こちらのおすすめですから。⬇︎

この漫画(美味しんぼ)を読んで以来、それなりの年齢になったら絶対に行こうと決めていたお店ですから笑(注:上記の特集漫画には掲載されていません、第21巻に掲載)。

この冊子⬆︎ももちろん読みましたが、今読んでもとても面白い漫画です。

表紙のお二人の行方も記憶になくなっていますので苦笑、もう一度全巻読もうと思い出しています笑。

さて、見えてきました。⬇︎

この辺まで来るとやや気持ちも落ち着いてきます笑。

行きたい!、行こう!、と決めて予定を立て始めたその瞬間が喜びの最高潮笑。

それからは徐々に寂しい気持ちへと変わっていきますし、達成後はもうほぼ魂が抜けています大笑。

そんなこちらへついにやってきました。⬇︎

こちらは、落ち着いた質素な佇まいの『ダブル瓢箪』さんです・・・。

あまりおいたが過ぎると出入り禁止措置になりかねます笑。

こちらでしっかり懐石料理を頂くともなると・・想像を超えてしまいますが、比較的敷居を跨ぎ易いものが用意されています。

それが漫画でも紹介されていた『朝粥』です。

ちなみにこちらには本館と別館があって、朝粥の提供もどちらでもあっていますが、少し違いが。

同じ点は、お粥は同じです。

違いは座席が違う(本館はお座敷に座って、別館は椅子に座って)。

もう一つの大きな相違点は営業期間(本館は7~8月のみ、別館はオールシーズン)。

ちょっと値段とお料理の内容も変わるようです。

今回はもちろん別館です。

お席はこんな感じ。⬇︎

お膝に優しいテーブル席です。

なんとなく窮屈な感じが?、大丈夫ですよお庭を背にして写真を撮っていますので、後ろは・・。⬇︎

お庭も見えて開放的な空間で、全体的にはこのような。⬇︎

別館の全てがコチラではなく、他にもお部屋があるようでした。

ちなみに、⬆︎のタイミングは全てのお客さんがちょうど食べ終わられて出られた直後です。

何を隠そう僕がこの時間帯の最後でした。

そしてお粥は語るまでもない絶品でした。

築地本願寺でもそうでしたが、やけどするかと思える程の熱々でした。

料理は元々熱いものは熱く、冷たいものは冷たくが美味しいかとは思いますが。

一見すると熱くなさそうに見えます。⬇︎

蓋を開けたら。⬇︎

神々しさはこの写真からは伝わり難いかと思いますが、伝わっているなら幸いです笑。

絶品のお出汁をかけて頂くのが定番ですが・・。

僕はちょっと通ぶりたくなってこのまま頂きました・・、美味しい!!。

お米の甘味が強く、とても自然な美味しさを感じれました。

そして香の物とシラスだったかな?(薬味)を一緒に食べると・・、痺れるほどの美味しさでした笑。

お出汁も最後に少しかけて頂きましたが、もちろん間違いのないものだった事はお伝えしておきます笑。

しかし、お勧めはそのまま&薬味で笑。

こちらはメインのお粥の前にあの有名な煮卵も出てきます。⬇︎

半個はそのまま堪能し、残り半個とお粥を一緒に頂くと・・これまた感涙ものです。

でも・・、ちょっと中居さんとの攻防が・・笑。

冗談です、後で食べたいのでとお願いすれば下げられません笑。

そして、寒い時期の熱々朝粥はもちろんのお勧めですが、先述した本館での7月、8月の朝粥も凄まじく人気のようです。

今年の予約は始まっている・・?。

またぞや・・モゾモゾ癖が出てきています笑。

久々の京都でホルモン、惣菜パン、朝粥・・煩悩が・・。

 

気持ちを入れ替えて今日も精進かなと思っています。

またそのうちにでもですね。

 

追記:

お庭ってお店の顔でもあります。⬇︎

こちらにも観光の波が訪れているんですかね?。

時折、修行されていると思しきお若い方々を見かけます。⬇︎

厳しい修行でしょうが、こうして伝統の味が伝わっていくんでしょうね・・。

若い時の苦労は買ってでもとよく言われますが、それは今も昔もまさにその通り。

頑張ってください。

 

 

2024年05月22日
土日はのんびり・・(日曜編)。

 

今朝も快適でした。

最近では早朝の空からの予想通りに、日中の天候が大きく変わることがない安定した日々です。

そんな今朝は。⬇︎

青空・・いや?、何となく梅雨を感じ・・笑

さて、快晴だった先週土曜日の翌日・・誰がどう考えても日曜日笑。

しっかり休むつもりが4時間弱で起床、体力がないと長くは寝れません苦笑。

10時間以上余裕で休める若人はそれだけ元気な証です、本当に羨ましいです。

しかし、睡眠に長く時間を取るのが勿体無いと感じる世代になってもいますので(言い訳笑)、ササっと準備をして・・。

夕方はイベントが何かとあっていて、おいそれと近寄れない『熊本城ホール』の入り口に何やらオシャレなお二人のイベント告知が。⬇︎

最近話題の『あぶない刑事』のお二人かと・・、MIKIMAN?。⬇︎

舘さんと柴田さんとはどこか違う・・、カッコいいんですが・・ミキマン?。

あ!、お笑いの『ミキ』さんですね。

漫才ライブですか、斬新なイベントを企画されているんですね。

後程、調べたら『ミキマン』とは『ミキ漫(才)』だとわかりました。

大きな声では言えませんが・・ミキの人々(man)かと思っていました笑。

でも、そうだとしたらお二人だからミキメン(men)ですね(どうでもいいですね笑)。

そんなホールへ久々に正面から。⬇︎

広いです、思わずこだまするか叫んでみま・・せんでした、向こうにお一人いらっしゃいましたので(いなかったら叫んでいた?笑)。

入り口すぐ横にも様々なイベント告知が。⬇︎

ここでも一つに興味が・・(まだ全く歩いていません苦笑)。⬇︎

昭和の大名曲『なごり雪』、そして伊勢正三さんとイルカさんのコンサート・・、これは奇跡のコラボです。

昭和の名曲には大いに惹かれる世代ですが、いわゆるジャスト世代では微妙にありません。

それでも『なごり雪』は大好きでした。

できれば、2人の『なごり雪』のデュエットだけでなく、別個での『なごり雪』も聞いてみたいものです(可能ならイルカさんの『海岸通』も)。

チケット取れないかな・・笑。

そんなホールの掲示板を十分に堪能し、そろそろ歩こうかと思っていたら・・、さり気なく飾られているものが・・(絵柄が気になりました)。⬇︎

こちらは2020年のくまもと復興映画祭で寄贈された貴重なもの。⬇︎

熊本城・路面電車と熊本を象徴する図柄と、映画祭らしい映写機までは十分に分かりますが・・、もしかしてあの荒々しい熊は・・かなり怖いくまモン?笑。

そんな事を寝ぼけ眼でみている頃にやっと目も覚めて笑、散策へ。⬇︎

土曜日とはまた異なる趣の空で・・日差しがきつかったです笑。

一見爽やかなんですけど・・。

すぐに商店街へ避難笑。

そしていつもの行きつけの本屋さんへ(行きつけ笑)。⬇︎

(しっかりとクリニックまで運びました)

ここでレジ横に並んでいる冊子に気が付きました。⬇︎

宇城市への移住をお勧めする冊子と、緑川流域の周遊冊子でした。⬇︎

しっかりと読みましたが・・考えてみるのも・・笑。

もう一誌は春の登山をお勧めする冊子。⬇︎

当院の患者さんにも登山を趣味にされている方が少なからずいらっしゃって、お話しをよくお聞きしています。

街歩きも良いものながら今後は山歩きも・・、なんて気にもなってきました笑。

鞍岳でキャンプ。⬇︎

なんて誌面を見ていても・・自然の景観もながら、焚火スイーツランクル”70”に目を奪われるような邪な思いではまだまだ山歩きの境地には至れませんかね笑。

こちらのfree冊子を意気揚々と買い物袋に入れました。⬇︎

(実は入れた時に鋭い視線を投げかけてくれている方がいました・・・、もしや疑われている?、これはfreeですから大丈夫なんですよ笑)

この後は若者に人気の雑誌特集コーナーへ。

以前話題だった若者の自動車離れって?。⬇︎

結構、車の特集号もあるから・・意外に大丈夫?なんて思ったり。

していたら結構時間が経っていました、まだほぼ歩いていません苦笑。

なので後ろ髪を引かれる思いでやっとの事で書店を出ました笑。

そしていよいよ本格的に散策と思いながら・・。

すぐ近くの百貨店へ。⬇︎

こちらは改装中のビルではなく、『鶴屋』さんの大通り沿いにあるエスカレーターです。

色合いもレトロで良い感じです。⬇︎

こちらのエスカレーターはあまり利用していなかったので新鮮で、そのまま6階まで上がりました。

6階は大催事場になっていて、何気なく横切っていたら、またしても何か視線が・・。

よく周囲を見ると、女性がほとんど・・。

下着がたくさん展示されているど真ん中を歩いていました。⬇︎

(大人の事情にて一部〇〇しています?)

快適インナー、ワコール、ときたらですね笑。

結局、この日はあまり日差しを浴びずに視線を浴びた1日になりました・・笑。

今週末はもっと日差しを浴びようかと考えています。

 

それでは今日もまた機会があれば後程にでも。

 

 

2024年05月21日
『月刊 京都』 6月号。

 

今月号は予告されていた通りに、京都といえばの食の特集号です。

これがなかなか手に入らなくて、福岡では売り切れてしまっていたので、やっと昨日某地で手に入れました(そちらでも残り2冊)。⬇︎

期待以上の内容で、今月号は読まないと損しますよ笑。

冒頭から定食屋さんの話題。⬇︎

こちらはショーケースからお好きなものを取ってくるスタイルのようですが、なんとなく『青木食堂』さんを思い出しました。

取りすぎるのが玉に瑕笑。

他にも、そば、お好み焼き、中華・・、そして焼肉。⬇︎

最近は焼肉といったらホルモンが以前にも増して大好きですが・・、京都でホルモン、最高ですね。

編集後記もよく読めば、美味しい情報へのヒントが。⬇︎

なになに?、『おすもじ』?、『本家重兵衛』さん?。⬇︎

稲荷、巻き寿司、押し寿司・・僕の一番好きなものばかりではありませんか。

お好きなものを一つからお好きなだけなんて言われた日には・・全部で笑。

今回は本当に見逃せない情報満載ですので、皆様もぜひご覧になって下さい。

 

 

2024年05月20日
土日はのんびり・・(土曜編)。

 

今朝は爽やかでした。

まさしく適温、この気温のまま日中も過ごせればですが・・上がるんでしょうね。

そんな今朝空は・・。⬇︎

これは・・、高温注意報発令です笑。

さて、久々にのんびり過ごせた土日でした。

予定はちょこちょこと(多少)はありましたが、身体のメンテナンスだったり、ちょっとした会食?だったり笑。

そんな予定時間までは余裕もあったので・・。⬇︎

ちょっとSAで空でも見ながら、羽衣みたいな雲が良い感じで・・。

今週も滞りなく過ごせて幸いだった・・なんて笑。

その後も、ゆっくりのんびり進みましたが、それでも予約時間よりは40分以上前に到着。

早く着くのはいつもの事なので笑、ちょっと待合室で楽しみにしている地域の冊子を満喫しようと・・。

「あら〜、良かったです、丁度キャンセルが出て今からすぐに入れます」・・・。

タイミングだけは良い方だと昔からよく言われますが笑、この時ばかりは、僕にとっては・・、「良くなかったです〜」・・なんて言える訳もなく笑、2階の定位置ソファへも辿り着かずに、1階で歯を磨かれていました笑。

新機種の導入でまたしても時折微睡みながら笑、なんとかご迷惑を大きくかけることもなく?、至福のメンテが終了しました。

早くメンテが終わったおかげで、ちょっと時間が空き・・、そんな時は仮眠もよらずに当然散策へ。

必ず訪れる『サクラマチクマモト』さんと空を一枚。⬇︎

この雲が・・、言葉を失う程の見事さ(何が?と言われるとアレですが笑)。

空と一体化するビルも最高でした(この建物の中から外を見てみたいという願望がずっとあります笑)。⬇︎

ビルに映り込む木々で、こちらに気づいて一枚。⬇︎

夏の散策の憩いの場になることは間違い無いです笑。

真横を過ぎる路面電車が熊本って感じでしばらく見ていました。⬇︎

路面電車もレトロなデザインから賑やかなデザイン、車体自体が趣のあるものから最新車両まで様々で、本当に見ていて飽きません。⬇︎

福岡も昭和54年2月(1979年)まで走っていたんですけどね。

45年前で、69年の歴史があったようです。

その頃には数回程度なら福岡市へも来ていたとは思いますが、全く記憶には残っていません・・。

路面電車廃止から2年後の昭和56年から地下鉄が開通したので、地下鉄開通から43年でかなり延伸しているのは皆様もご存知の通りですね。

路面電車の通る街を車で走る時は結構緊張しますが・・、今では慣れたものです(ながら、時折迷ってしい、信号の先頭になってしまった際にはややパニックに笑)。

ところで素朴な疑問が・・。

地下鉄はどれほどの都市で走っているのか?。

札幌、仙台、千葉、埼玉、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡、そして広島でも。

広島は路面電車も走っていたような?と思ったら、実は地下鉄扱いの地下〜路面を繋ぐもので、都心部(1.9km)は地下を、郊外部(16.5km)は高架上を走行しているそうです。

今後は広島方式が広がる・・?。

ではでは、路面電車はどこで走っているんでしょうか?。

先日は長崎で路面電車が走っていることに新鮮さを覚えたほどの九州音痴ですが苦笑。

札幌、函館、宇都宮、東京、富山、愛知、福井、滋賀、京都、大阪、岡山、広島、高知、愛媛、そして九州は、長崎、熊本、鹿児島です。

九州では路面電車率が高いなと。

鹿児島へ行ってみたくなっています笑。

ここまで疑問に思ったら、ついでに笑。

ちなみに廃線となった路面電車があった県は?。

川崎、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、北九州、福岡のようです。

これらのすべての県で路面電車から地下鉄へと切り替えが行われた訳でもなさそうで、どちらも残っている都市もあれば、どちらも無くなった地域、初めから何もない都市まで様々です。

でも風情があるのはやはり路面電車だな・・なんて、思いながら春の夕空を満喫しながら歩いていたら・・電柱に当たりそうになりました笑。

そして待ち合わせ場所近くの鶴屋さんまで(この日の雲はどこも点状でした)。⬇︎

うろこ雲、いわし雲、巻積雲と呼ぶようです。

日が長く、そこまで気温も高くないこの時期はじっとしているのが勿体無いですから(灼熱の夏季は暗くなっても歩けるものではありません)、暗くなるまでしっかり歩く所存・・。⬇︎

だったのに・・、いつの間にやら腰を落ち着けていました笑。

初めて頂く『炭焼き枝豆』さんが絶品で・・、ノンアル麦酒との相性も抜群でした笑。。

枝豆を炭焼きなんて・・『天花』さん恐るべし。

この日はこれだけで他には何も入りませんでした・・。

なんて前振りした時には大体こうなります笑。⬇︎

茄子田楽の茄子が見たこともないような大振りで。

さらに大好きな豚バラも絶品でした。

こちらのお店は大人気のようで、予約がカウンター席しか取れなかったんですが・・、焼き場が目の前で最高でした。

〇〇生になったばかりの甥っ子と、ウーロンとノンアルで笑、お互いの明るい?未来や元凶じゃなかった現況を大いに語り合いました笑。

帰宅時の上通り商店街で・・。⬇︎

大賑わいのお店が・・、大文字?。

どうやら最近オープンした大好きな『大文字』さんの上通り店のようでした。

鶴屋さん横の本店はあの窮屈さが良いんですが笑、次回は甥っ子とここでもいいな、なんて思いながら・・笑。

この後、下通り商店街も歩きましたが・・完全に昔に戻った?というか昔以上の賑わいで・・大阪かと思える程の人出でした笑。

 

さて、気付けば5月も3分の2が過ぎました。

本当にあっという間に今年も半分近くまで・・。

今日からの今週もただ過ぎて行くことがないようにしっかりと記憶に残る1日にしたいと考えています。

 

それではまたそのうちにですね。

 

追記:

表題で土曜編なんて書いていますが、日曜編があるかは僕にも分かりません。

ありましたらその時はまた笑。

 

 

2024年05月20日
『青春18×2・・』でも。

 

昨日も快晴でした。

最近は早朝一瞬天気予報も結構な確率で的中しているような・・笑。

そんな今朝も晴れ晴れとを予感させる青空が広がっていました。⬇︎

このまま週末へ向かっていきたいものです。

さて、久々に映画でも見たいな、それも意表をつく様なと話題のものでも・・。

そんな映画が現在上映されていますかね?、それがある?んです。

そんな映画情報を得たのはGWの合間の平日だったかと。

いつもの様に早朝ラジオを聴きながら出勤・・。

するとパーソナリティーの方が「いやいやびっくりしました、チケットがあったから『青春18×2 君へと続く道』って映画を表題から恋愛映画かと観てみたら、予想もしない・・・」の、『・・・』直前まで聞いて音を慌てて消しました。

聞いた瞬間に名作の予感笑、僕も表題とのギャップを楽しみたいと笑。

そして数10秒後に音を戻すと「テーマソングがミスチルさんの新曲で・・これがまた良いんですよ、本当に」、「どこでかかるかも含めて、いやぁー良かったです」的な内容でした。

この時点で、GW期間中に可能ならばと思っていました笑。

しかし、GW中には時間が取れませんでしたが、その時は突然に笑。

その日、家族は某コンサートへ、チケットの無い僕だけ・・暇笑。

(この日の博多埠頭付近は大渋滞だったとか、家族の向かった会場近くの『サンパレス』さんでは『チューリップ』のコンサートもあっていたようで)

久々に『心の旅』や『青春の影』でも聞きたかったものです・・。

ネットで予約を入れ席を確保したら・・、散策を兼ねて早速出発。⬇︎

この道を直進すれば、映画に準えて『キャナルシティへと続く道』です。

直前の『灘の川橋』から見る空が・・。⬇︎

やはり空は、青一色より雲の動きを感じれた方が見所が大きいです。

やや汗ばみながらも到着したキャナルの隙間から。⬇︎

写真を撮った方向が異常に盛り上がり?。

それは・・。⬇︎

一階ステージでアイドルグループ?のイベント?。

僕は・・、花(アイドル)より団子(お空)でした笑。⬇︎

伊達政宗の兜のような三日月が気になりました(これは何の一部なのか?)。

さて時間も迫る中、受付へ到着しました。⬇︎

受付カウンターの雰囲気も様変わりしました。

今ではネット予約がメインです。

カウンター前の大行列は過去のものへと・・。⬇︎

僕ですら発券していますから笑。

実はこの発券時に不可思議なやり取りが・・苦笑。

発券していると、隣に10代後半の若人2人(見た感じはちょっとヤンチャな感じ)。

すると、どう言った風の吹き回しか・・、唐突に「何を見るんですか?」と。

え?、・・・僕?。

本当に数秒目があったまま沈黙(お互いに笑)。

僕の沈黙した理由はやや2つ。

1、このお兄ちゃんは何が目的?。おじさんが見る映画が何故に気になる?。

2、せめて『猿の惑星/キングダム』か『ゴジラxコング』でも見ていればすぐに返答できたんですが・・『青春18・・』っていうのが気恥ずかしい。

しかし、素直な僕は沈黙後に・・『18青春・・』だよと笑顔で・・。

すると、聞いてきたお兄ちゃんはお隣に・・『そんなんあってた?』って笑。

その後は先に発券を済ませた僕は会場へ急ぎましたんで顛末は知りません笑。

彼らは何を見たんでしょう笑。

まさかおじおじさんの口から青春18なんてですね笑、別にウケを狙ったり、驚かそうと思ったわけではありませんが、少し口にするのが恥ずかしかったのは事実でした笑。

そんな今回の会場は劇場2。⬇︎

ポップコーン売り場のすぐ左隣に入り口がありましたが、実は右にもあったようで、要は売り場の真裏が会場でした。

なのでかは定かではありませんが、会場に入っても甘い匂いが漂っていました(僕は今回食べていませんので手元からの匂いではありません笑)。

そして、しっかりと見入った2時間と少しでした・・。

では内容は・・。

一つ二つ言わせていただければ笑。

1、パーソナリティーの方の『・・恋愛映画かと思ったら・・』は正解でも間違いでもなかったというのが感想です。

言うならば、『恋愛映画かと思ったら・・』というか、完璧な恋愛映画でした大笑。⬇︎

2、そして2つ目、そうなんだ!、そうだったんだ!・・という点が大きくありました。

きっとその点がパーソナリティーの方の『・・』だったんでは?と思います。

この歳で100%以上の恋愛映画を図らずも見れたきっかけを作ってくれたパーソナリティーの方(上ちゃん)に感謝します。

ちなみに上ちゃんなんて馴れ馴れしく言っていますが、ただのリスナーの1人です笑。

そして、最後のエンドロール・・みんな席を立てませんでした。

鼻をすする音が響き・・、あれ?花粉?。

僕も場内が明るくなりかかった際に、足早に宵闇に紛れました。⬇︎

最近黄砂が・・なんてフリをしながら笑。

近くの屋台もとても賑わっていました。⬇︎

飛び交う言葉が・・日本語が少ないような・・、台湾からの方々も多いのかな?なんて映画の余韻に浸りながら一杯ひっかけて・・なんて笑。

本当に面白い屋台じゃなく映画でした、これだから一杯って、ではなく映画ってやめられません(ややくどいのが玉に瑕ですみません笑)。

 

それでは今日も青い気持ちで精進しようと思っています。

またお時間でもありましたらその際に。

 

 

追記:

帰りに思わず買いそうになりました。⬇︎

最近クリアファイルはあまり使わないんですが、NHKさんで頂いた『光る君へ』同様に、クリアファイルコレクションを今後の趣味にしようかな・・なんて。

 

追記2:

今回の映画は台湾出身の『ジミー・ライ』さんの紀行エッセイ「青春18×2 日本漫車流浪記」が元になっているようです。

この本の翻訳版ってあるんでしょうか?。

読んでみたいと思っています。

 

 

2024年05月17日
片手でのり弁?。

 

表題のまま笑。

そんなものがあったら頂いてみたいものです・・。

のり弁とは:白身魚フライ、金平ごぼう、ちくわ天、昆布、おかか、そしておにぎり。

最近訪れた某店で、残り僅かなコーナーがありました。⬇︎

おにぎりコーナーでしたが、そんなに売れるおにぎりとは?。⬇︎

これは間違いのない品だと笑。

もう一種類真横で微笑む魅惑のおにぎり。⬇︎

これはほぼ反則です笑。

そしてこの日、もう一つとても魅力的な一品を見かけました。⬇︎

大好きな『ヒライ』さんの卵焼きのネギ入り!。

ただでさえ美味しいのに、ネギまで入ったら笑。

お腹いっぱいで無かったら・・、卵焼き弁当だけでなくこちらもでしたが笑(ということは卵焼き弁当は買った?笑)。

さっきラーメン食べなきゃ・・いやあれはあれで笑。

最近たっちゃん?並みの胃袋が本気で欲しいと思っています・・。

 

 

2024年05月16日
『你好!朋友』さんへ。

 

今朝は暴風?かとも思える程の強い風が吹いていました。

春一番はとっくに吹いていますので、これが所謂春二番かと色んなものが飛ばないよう?に出勤しました笑。

そんな今朝空は・・。⬇︎

おどろおどろしい雲が一面を覆っていましたが・・、厚みはない様子で・・、この強風が雲を払ってくれれば日中は快晴!・・と勝手に期待しました(小雨も降っていましたが笑)。

さて、週末も近くなってくれば話題はどうしても食へと進むもの笑。

今回は初訪問シリーズ第3段です(そんなシリーズがあったかも、第何弾かも定かではありませんが笑)。

今回お伺いしたお店は、これまた以前からとても有名で大人気だと知っていました。

何よりソフトバンクの名誉会長の王さんが贔屓にしていると言うだけで福岡ではステータスが上がります笑。

それでも機会がないと中々訪れないものです(あまりにも噂を聞き過ぎて、行った気になってしまうほど笑)。

そんな某日、診療もほぼ定刻で終了!。

さらに、その日のイベント(目的地)からも比較的近場で、その前に小一時間以上の時間がある・・、ともなると・・近辺で2店舗候補が上がりました笑。

目的地近くの駐車場へ車を停めて。⬇︎

この時期は本当によく雨も降って、よく曇っていました。

今回停めた駐車場は子供が大学へ入学するまではよく利用していた、勝手に思い出の場所。

大濠の花火大会が健在だった頃に、よくお弁当を持って駐車場へ停め、始まる前にお弁当を車で食べて(毎年恒例の手作り焼きそばとおにぎりが絶品・・なんて書いたら怒られる?笑)、お濠の周囲になんとか陣取り、待っている間に子供は爆睡・・笑、爆睡した子供を抱っこしたまま汗びっしょり苦笑。

花火大会が無くなってからは、子供が縁あってすぐ近くの一貫校へ。

塾のお迎え時間が迫る急ぎの時や、体育祭、文化祭、甲子園への大応援バス群の見学、はたまた呼び出し説教?などの際によく停めて学校まで向かっていました(なんかおかしい場所があります?笑)。

そんな懐かしの駐車場へ停めて、目的地へ。

『NHK』さんと『大濠中高』の間の一直線を進みます。⬇︎

ほぼ誰も通っていませんでしたが、所々に魅力的なお店が散見(実はこちらの通りは昔から結構な隠れ人気店があります)。

その中でも、途中で思わずこちらで良いかと入ってしまいそうなお店を発見。⬇︎

中は少ししか見れなかったんですが(実は窓際にカップルがいらっしゃたので)、結構賑わっている様子。

こちらはトルコ料理専門店でした。⬇︎

その名も『Kafe Toruko』さん。

ランチメニューもあるようなので、まずはランチからと思っています。⬇︎

近々、扉を開けてトルコを満喫しに行くつもりです(今回の近々は必ずやと思っています笑)。

そんなこんなでいつものように目一杯気が散りながら笑、最初にこちらを偵察笑。⬇︎

こちらも長く人気のお店です。

名前が特徴的ですが、実はまだ行ったことがありません。

ランチは14:30までなので、もっと時間が無い時にということで・・。

今回はこちらへ。⬇︎

ん?、時刻は13時10分程。

行列無いんだ、へーーー、意外ーーーって言う程に、驚きでした。

それ程に、大人気のお店ですので(と聞いています笑)。

やや恐る恐る中へ向かいました。⬇︎

こちらは言うまでも無い『你好朋友』さんです。

読み方は・・『ニイハオ!ポンユウ』?さんかと。

意味は、ようこそ!友よ、って感じですかね、知りませんが笑。

お店に入るとお元気な店員さんが、「どこでもどうぞー」って、入ってすぐのテーブル席に案内されました。

4人がけのテーブル席が7〜8席ほど。

先客は2組だけでした・・(意外にすんなり入れた・・)。

座るとすぐに目に飛び込んできたのはホークス関連と著名人のサイン多数。⬇︎

どうやらドラフトの後の飲み会はこちらで、が恒例のようです。

この後にじっくりメニューを吟味し、注文をして緊張もほぐれてちょっと厠へ・・笑。

びっくり!、お店が広い!!。

僕が座ったテーブルスペースの隣には仕切りがあって、お座敷席や、奥にはこれまた多数のテーブル席が。

そしてもっと驚いたのは、ランチ第二弾だったのか、僕が入店した後から続々とお客さんが来てほぼ最初のテーブル席は満席に!!(まさしくスポットのような時間に来店していたようです)。

やはり大人気店です、ランチの繁忙期が終わった頃を見計らって地元の方々が続々と来られている様子でした。

お店が広いので、混んでも並んでも空くのは早いと思われますが、奥に案内されたら初々しいリチャード選手のドラフト時の写真は見れなかったかも笑。

そんな初訪問で頂いたのはこちら。⬇︎

山盛りでした(1人で食べるには十分以上です)。

味わいが優しくて・・、『ふきや』さんの焼き飯を超えたかも笑。

(お好み焼き屋さんと中華料理店との比較は?との声もありそうですが、あくまでもチャーハン500店以上を食べている私感ですので悪しからず笑)。

そしてこれだけで収まるわけもない齢50半ばの元大食漢笑(なんて言ってますが、チャーハンほぼ折半笑)。

あくまでもこちらがメイン。⬇︎

香りから二味以上違います、それでは・・。⬇︎

美味しい!!。

こちらは『上海風高菜ラーメン』・・これまた絶品。

初めての味でしたが、高菜以外にも筍?などが入って食感も絶妙でした。

酸辣湯麺とかなり悩んだんですが、酸辣は最近よく食べているのでこちらにしましたが、次もこれかな笑。

いやいやこちらで酸辣湯麺も食べたいし・・悩ましい日々が続きそうです笑。

色んなお店を調べたら『上海高菜』系の麺類って結構提供しているお店があります。

今まであまり食べてきませんでしたが、上海と高菜って何か深い繋がりでもあるんでしょうかね?

今度兄に聞いてみようと思います笑。

それにしても、オーダーストップまで残り10分程でもまだまだお客さんが来られていました・・。

あっという間に料理が熱々で出てきますし、それを物ともしない早食い自慢の常連さん達なんでしょうが、慣れない方は余裕を持って行かれたほうが良いかと、本気でやけどしますから笑。

今度は、メニューが変わると言われている夜メニューやあの噂のピーマン料理も頂きたいと思っています。

しばらくは六本松が僕のさるく場所になりそうです笑

注:『さるく』とは方言ですが、実は結構色んな地域で同様な意味で使われている方言のような公用語でもあります笑。

しかし、福岡市内ではあまり聞きません(やはり地方の方言ですかね笑)。

 

それでは週末前の木曜日、また元気に過ごせればと思っています。

機会でもあればまたそのうちにですね。

 

 

2024年05月16日