BLOG

ワックス再び。

 

11月に6年振りにワックス完全塗り替えを行い、あまりにもの変わりようにこれを少しでも長く維持すべく、先週土曜に再度ワックス掛けをしました。

超短期間での再ワックスは間違っていない選択でした。⬇︎

年末年始の前にまたしても皆さんをピカピカの床でお迎えできそうです。

さらに艶が出てピカピカです。

また来週かけようかな・・・さすがにかけ過ぎですね笑。

帰宅時の青空が爽やかでした。⬇︎

僕の心を表しているようでした、日本全国のサッカーファンの心も笑。

 

 

 

2022年12月05日
1mmの感動。

 

12月もいよいよ入ったかと思ったらもう5日目です、早いものです。

今年はW杯が年末にかかって開催されていることもあり尚一層早く感じます。

さて週末は何かと忙しいものですが、今年はとびきりです。

嬉しい悲鳴と絶叫に近いですが笑。

そして、やはり日本代表を巡る様々な情報も出てきて嬉しい限りです。

さて、そうなるとあの素晴らしいプレーに世界中から根拠のない持論が展開されていましたが、逆にVARの素晴らしさ公平さ、そして三苫選手のスーパープレーが絶賛される結果になっています。⬇︎

1mm重なっています、間違いなくIn playです。

ロレックスが証明してもくれました笑。⬇︎

画像

さすがロレックス笑。

現在中国ではこのロレックスが異常な投機の対象になっていて、どんなものであっても凄まじく高騰していると某情報筋からの情報も入りました笑。

真偽の程は定かではありませんが笑。

そしてこの『1mmの奇跡』をデザインした方もいらっしゃるようです。⬇︎

1mmでも重なれば、やはり全然違うんだと実感できます。

凄くシンプルながらこれ以上語る必要なしのデザインですね。

こんなことを瞬間的に思いつく方が最も天才的かもですね。

このデザインでTシャツが販売されたら購入しようかと思っています。

今回の日本代表の全てを表すものですからね。

このゴールの立役者:三笘薫、田中碧の両選手にブラボーです。

今朝も静かな朝でした。⬇︎

気温は低いようです、体調には十分お気をつけください。

 

さて今日はまた色々とありますが、それは時間を見つけて徐々にですね。

 

 

追記:

このイケメンは誰だと話題になっているようです。

スペインの若き新星『ガビ』選手を抑えるこの選手です。⬇︎

川崎F】谷口彰悟の移籍決定的、カタール1部アルラヤン 慰留も本人の意思尊重 - J1写真ニュース : 日刊スポーツ

この方がスペインで最も要注意だったガビ選手と何度も競り合ってくれて抑えてくれていたんです。

まさに日本大勝利の影の立役者にもなってくれていました。⬇︎

ワールドカップ:谷口彰悟、31歳のW杯デビュー戦でリード守り抜く…「とにかくうれしい」端正な顔緩む : 読売新聞オンライン

こちらは谷口彰悟選手で、実は三苫選手と同じ筑波大学サッカー部出身です。

そしてこのイケメン顔をちょっと濃い顔だなと思われた方もいらっしゃるかと、そうです正解です、典型的な理想の濃い顔ですね笑。

実は谷口選手は昨年高校サッカー選手権で大躍進した熊本県代表の大津高校サッカー部出身です。

なので熊本県出身なんです。

あーなるほどー、濃いはずだ!笑。

ガビ選手が欧州イケメン顔の代表なら谷口選手はアジアイケメン代表的な顔立ちです笑。

それにしても今回のスペイン戦、何度見たことでしょう笑。

逆転シーンもさることながら、同点シーンも感動以上です。

前田大然選手の果敢なGKへの突進から伊藤純也選手の突っ込み気味のプレッシャーへと献身的なプレーが連動しての堂安選手の同点ゴール・・・、などなどあげればキリがないほど。

三苫薫選手の守備も攻撃に劣らず大絶賛ですし。

まさしく全員で勝ち取った勝利でした。

この感動は忘れられないものになりました。

 

 

2022年12月05日
W杯2022 その9。

 

こんな大会はみんな初めてですね、疲れますねー、へとへとですねー、しかし心地良いですねー笑。

決勝トーナメントの組み合わせも徐々に決まってきて、いよいよ一発勝負の戦いです。

そして残り2チームの予選突破チームを決めるGとH組の予選最終戦です。

H組最終戦

この組も混戦必至ながら、ポルトガルが通過を決めています・・これがどう影響すか?。フランスのように主戦をほぼ温存することも十分考えられ、そうなると韓国にも予選突破の可能性が。しかし手なんか抜いてくれたら困るとばかりのもう1試合。ガーナとウルグアイは共に勝てば予選突破、引き分けはややこしくなるので勝ちしか取りに行かない激戦必死です。

ガーナ 0vs2 ウルグアイ

韓国 2vs1 ポルトガル

ウルグアイは取り敢えず勝っておかないと厳しくなる状況、しかしそれはガーナも同じ。開始早々から激しい攻防、そしてPKを止めたウルグアイが目覚め始め・・スアレス絡みで前半で2点奪取し試合をほぼ決めたが・・。

もう一方の韓国は、開始早々の鮮やかなゴールでポルトガル先制!、これは厳しい・・、かと。しかし間も無く・・前半半ばで同点!!。そしてドローでは厳しく、時間も迫る後半終了間際に鮮やかなゴール!、土壇場で逆転しそのまま予選突破!!、日本同様こちらも劇的な勝利!!。

予選一位通過 ポルトガル 二位通過 韓国

 

G組最終戦

こちらもブラジルが通過を決めています。当然ブラジルはさりげなく主力温存でしょう笑、しかし控え集団も普通に他国の主力選手級以上。スイスからしたら、何してもいいけど笑、しっかり勝ってねと願っているはずです。さてさて笑。

カメルーン 1vs0 ブラジル

セルビア 2vs3 スイス

やはり主力選手は温存できたブラジルでした。以前ならこれでも余裕で勝つ程の力を誇っていたものですが、そこは流石にカメルーン、もし勝てればもうひとカードの結果次第ながら予選突破の希望が繋がることから大接戦となり、後半終了間際の先制点からの大勝利でした。しかしスイスがこちらも先制され、更に逆転され、そこからの大逆転での激闘を制し、結果順当にスイスが予選突破を決めました。

予選一位通過 ブラジル 二位通過 スイス

 

これで決勝トーナメント(ノックアウトステージ)の全組み合わせが決まりました。

あー、寝れる日々が近づいてくることが悲しくなってきました笑。

しかも、いきなり今日からノックアウトステージ開始。

予選突破の喜びをもっと実感したいので、少し開けてくれても良いんですけどね笑。

それでは4年分の寝不足を十分に楽しみましょう!。

 

 

2022年12月03日
夜更かし時に小腹が・・。

 

最近よくカレーを食べています。

そんな僕のカレー事情は?。

その1。⬇︎

右に何かあります笑。⬇︎

この形状はハンバーグです。

かなり以前に話題にしたことがあるハンバーグカレーです、やっと食べる機会が来ました笑。

それもW杯のおかげかと?笑。

実はこのハンバーグは鶏ミンチです。⬇︎

こちらのカレーは華味鳥で有名なお店のもので、しっかりとしたものでした。⬇︎

そして、その2。⬇︎

こちらは、何故かクリニック近くのスーパーで特売だったようです笑。⬇︎

まだまだカレーを食べる機会も多いかと思います?ので、週末はいろんなレトルトを買いに行こうと思っています笑。

さて今夜からも大変ですね笑。

明日は昼のうちから寝溜めしておきたいんですが・・・笑。

 

 

 

2022年12月03日
W杯2022 その8。

 

いよいよです。

あの歓喜驚嘆からの落胆で、そうだったよねといった平常心をなんとか取り戻しました笑。

そして、勝つしかない勝ってみたいと切に願うスペイン戦。

結果は様々でしょう、それはこの際問いません。

しかし、何度も書いてます・・・。

あのドイツ戦後半の起用から・・すぐに同点弾を演出、彼で無ければ決して演出できなかったかと。

そして結実こそしなかったものの、コスタリカ戦でのわずか数タッチでも魅せてくれたあのファンタジスタを初めから見たいと切望します。

初めから全力でしょう笑。

(ここまでが試合開始前笑)

そして・・・またしてもファンタジスタ温存・・・。

試合開始・・。

 

F組最終戦

カナダ 1vs2 モロッコ

クロアチア 0vs0 ベルギー

負けている場合ではない勝てば予選突破が決まるモロッコでしたが、幸先良く先制。そして勝利を揺るぎなくする可能性が高まる追加点。これでカナダがボロボロかと思われましたが・・カナダ1点奪取。そして・・それなりに乱れて笑、モロッコ勝って堂々と予選突破。

ベルギーは勝つしかない試合。日本とほぼ同じ条件、ながらこちらはFIFAランキング2位の負けられないプレッシャーを跳ね返すか?。一方、クロアチアは引き分け以上で予選突破、いろんな思惑がどう働くか?。しかし、始まればお互い勝つ気満々の激しい打ち合いでした。結果ドロー・・。

予選一位通過 モロッコ 二位通過 クロアチア

 

E組最終戦

おめでとうございます!!、やったぞニッポン!!。

コスタリカ 2vs4 ドイツ

コスタリカがドイツに一瞬逆転した時は、2番目に鳥肌が立ちました笑。

まさかドイツ、スペイン予選敗退?。するとスペインが更に来るのが予想され・・・。さすがにそれはありませんでした。

日本 2vs1 スペイン

いう事なしでした、後半にあのドイツ戦のような期待しかありませんでしたが・・、開始早々の同点。⬇︎

そして喜び間もない逆転・・、VAR判定の瞬間が一番興奮しました笑。

ガッツポーズなんて久々しました、してました一人で笑。

三笘選手が拾ったー!。⬇︎

VARも認めたセーフ!。

三笘選手の諦めない走り、間に合った脚力、そして何よりVARの凄さ、真上から見たら数ミリ残っていたんです、全てに感謝。

その後はもう何も語る必要はありません笑。

日本が間違いなく元気になりました、僕もいつも以上に元気になりました笑。

ブラジルにも勝ちましょう笑(ちょっと調子に乗りすぎ?笑)。

その前にモドリッチのクロアチア笑。

そして世界も驚きのまさかのグループ E突破は。

予選一位通過 日本!! 二位通過 スペイン

 

W杯で強国二つに勝つ国になったんだと・・信じられません、夢のようです。

ブラボーです・・・・笑。

 

 

2022年12月02日
立派な椎茸。

 

昨日、手のひらより遥かに大きな椎茸を頂きました。⬇︎

椎茸は、もがずにそのままにしていたらどれだけでも大きくなるそうで、味は落ちないんだと。

しかし、どうしても見栄えが悪くなるのでいわゆる『どんこ』と呼ばれるまん丸肉厚な頃に収穫することが多いそうです。

でも、こんな大きな椎茸をステーキにして頂いたらきっと絶品だと思います。

ありがとうございました!。

ちなみにでっかいのはスタッフにあげましたので、僕は標準型を。⬇︎

凄まじく美味しかったです、ありがとうございました!。

さらに昨日はこちらも頂きました。⬇︎

目がさめる赤のポインセチアです(名前は花の神と言われているスタッフに教えてもらいました)。

そして帰宅時の壮大な雲を見て。⬇︎

今朝への思いを馳せていました笑。

 

それでは今日は少し興奮がおさまった頃にでもですね笑。

 

 

2022年12月02日
W杯2022 その7。

 

かなり最高潮に盛り上がっているW杯です。

試合以外でもドラマがあります。

昨日の試合で注目されていたのは、政治的なしがらみの多いアメリカーイランでした。

もちろんスポーツの大会ですから、スポーツマン同士での激しい当たりは仕方の無い時もあります(そうであってもあまりみたくはありません)。

今回のこのカードは試合前に国旗絡みでちょっとしたいざこざがあったようです(知りませんでしたが)。

しかし周りの懸念をよそに試合は意味が分からないラフプレーのないお互いの力と技術を総力してのとても面白い試合になりました。

終了後もお互いを労う姿に、やはり世界平和はスポーツからかと思いました。⬇︎

アメリカ、イラン、両国の選手の皆様に感謝の意を表したいと思います。

スポーツに国家のしがらみを持ち込む行為はサッカー以外では時にありますが・・・ただ単に見苦しいだけ・・・。

この組み合わせをそんなことが起きるかも?なんて穿った気持ちを持っている事自体が稚拙な発想だったようです、反省です。

さて、今日は何故かD組からで0:00試合開始でした。

 

D組最終戦

フランスは予選突破確定、あとはもしブラジルを意識するなら別トーナメントに入るためには1位突破が妥当。残り1枠となるとオーストラリアは引き分け以上で突破、しかしデンマークがそれを許すわけもないような・・激闘が予想されます。

まさかのフランスが選手休養で控え組揃いで、妙な結果笑になったら・・笑。控え組でも負けないかもですが笑。

チュニジア 1vs0 フランス 

オーストラリア 1vs0 デンマーク

予想通りの妙な結果になりました笑。失礼しました!、チュニジアの大金星!。

そして激闘予想のもう1試合は。微妙なフランス戦の結果を懸念すれば、格上デンマークに勝てれば予選突破確定だったオーストラリア。微妙なフランス戦の結果さえ無ければ、順当勝ちで予選突破が決まるデンマークも当然勝利しか狙わない。そんな2カ国の決戦でしたが、後半早々になんとオーストラリアがゴールを奪い、そしてその後の激闘をそのまま制し、16年振りの予選突破を決めました。

予選一位通過 フランス 二位通過 オーストラリア

 

C組最終戦

こちらはそれぞれの試合結果次第でどこが突破するか微妙。2試合の経過が非常に気になる展開になります。勿論どこも勝つしかないと思っての激闘予想です。メキシコ好きの僕としては笑・・メキシコにとっては同じ南米のアルゼンチンの勝利を願って、さらにはポーランドとの得失点差を考えて2点差以上での勝ちが必須かなと思いますが・・・。サウジもアルゼンチンへの奇跡を日本同様に夢だったとならないために、もう一度南米の雄メキシコを倒して予選突破をと国王共々願っているでしょう笑。朝から熱いですね。この勝手な予想、展望、願望が至福の時間です笑。さて始まります・・・。

ポーランド 0vs2 アルゼンチン 

サウジアラビア 1vs2 メキシコ

ポーランド戦の均衡が破れたのは後半すぐでした、アルゼンチン先制、そしてポーランドも最悪の結果につながりかけないアルゼンチンの連続ゴール・・・。同時開催のメキシコは・・2-0でリード!。⬇︎

パソコン2画面同時視聴。

こんな芸当が出来るのも『ABEMA』さんのおかげです。

メキシコは勝ててもポーランドとの得失点差4点を跳ね返す必要があり、自力で4点差をつけての勝利は、国王の後押しがあるサウジ相手にはちょっと厳しいかと思っていましたが・・・アルゼンチンが思わぬ後押しをしてくれ?笑。

この時点でメキシコ2点差リード、ポーランド2点差ビハインド、これで得失点差解消!?。ここで気になるグループステージ突破条件は?。

基本条件はこちら、①勝点 ②得失点差 ③総得点 ④直接対決の結果、この全てが並んでいました。このままなら⑤フェアプレーポイント ⑥抽選 まで行くかと。決めてしまいたいメキシコは猛攻猛攻猛攻・・。そしてポーランドは2-0で負けが決まった直後のことでした・・・・・・。⬇︎

攻めまくり、もう1点を奪って予選突破を決めたい前がかりなメキシコの夢を砕くサウジの意地・・・メキシコサポーターの悲鳴・・・。最後の最後まで何があるか分からないを具現化したかのような決着でした・・・。うそ・・・、まさしく言葉を失いました。レバンドフスキーもまだまだ見れます。

予選一位通過 アルゼンチン 二位通過 ポーランド

すごく疲れました・・・、今大会も面白すぎて困ります笑。

 

 

 

2022年12月01日
フグ?。

 

時々見にいくお魚コーナー。

今なら秋刀魚ですが・・・。

今年も相変わらず不漁みたいですが、先週の報道には驚きました。

北海道オホーツク沿岸に大群が押し寄せ、釣り糸を垂らせば、すぐに釣れる“入れ食い状態”が続いていたと・・・その騒動もあっさりと終焉を迎え今では全くいなくなったと・・。⬇︎

オホーツク海にサンマ 網走港で入れ食い 釣り人絶えず(北海道新聞) - Yahoo!ニュース

今年も秋刀魚は遠いですかね。

そんな話題もありましたが、この時期はフグでもありますね。

そんなに頂く機会はありませんが、この時期のフグの状況を把握しておく必要があるかとこちらへ・・。⬇︎

今年も元気で良い形です・・。

水槽内で泳ぎ回っています・・?。⬇︎

体長3cm笑。

トラフグの稚魚ではなく、世界一小さな淡水フグだそうです。

確かに小さくても形はフグですね。

卵巣はやはり・・・笑。

これを大きく育てて『てっちり』でなんて考えてはいけませんね笑。

 

 

 

2022年12月01日
サ○マドロップのクリスマス装飾?。

 

今日からいよいよ12月です。

12月と言えばクリスマス、2022年の集大成です。

昨日は予報通りに午前中から徐々に気温が下がり始めました。

夕方にはみなさんコートやダウンを羽織られており、自転車で爆走して来院された患者さんも○ぬかと思ったと笑。⬇︎

雲もこんな気温で見ると寒そうに見えました?笑。

そんな今年はツリーでもまた飾りたいな・・?、でもよく考えたらクリニックに飾ったことあったかな?笑。

そんな年末近くなってきた街を歩けば、クリスマスの音楽や装いがこれ程元気をくれるんだと、もの凄く実感・再認識しています。

この3年の空白期間?より前は、うるさいな〜とまではさすがに思いませんでしたが笑、またかなんてやや思ったりしていましたけど。

そんな某日。凄まじい人出の西鉄天神駅のエスカレーターをほぼ僕だけ上階へ笑。⬇︎

駅から出てこられた方の9割8分、もしくはそれ以上の方々が下の天神の街へ流れるような気がします。

そんな少数派の僕が目指すのはいつものイベントスペースです笑。⬇︎

今回はクリスマスマーケットが開催されているようでした。⬇︎

様々な商品がありましたが、まずはこちらが気になりました。⬇︎

気になる表情の人物が描かれています。

今年のクリスマスマーケットのメインデザインとなるその名も『先を見つめる人』だそうです、なので女性なのか男性なのかは・・・。⬇︎

どうやらチョコレートドリンクのようです。

これは飲んでみたいと思っています。

さて、ツリーを飾るならいろんな楽しげなオーナメントで彩りたいものです。⬇︎

賑やかで良いですね、ワンちゃんもいいですし、パンダも可愛いものです・・、ん?。

あら?猫ちゃんが乗っている缶カンは?。⬇︎

先日、突然の販売終了で惜しむ声が多数だったあのドロップを彷彿させるものですね。

もしかしたら!!。⬇︎

『コンコン製菓』さんでしたが笑、雰囲気は出ていますのでこれは是非とも飾りたいものです。

その前にツリーをどうするかなんですけど・・・笑。

 

それでは今日からも元気にまた気が向けばですね。

 

 

 

2022年12月01日
W杯2022 その6。

 

さて各組の最終戦が始まりました、熱戦続きでどれも見逃せない試合ばかりです。

ここまできたら全試合見ましょうね。

何度も言っていますが、せっかく『ABEMA』さんが全試合無料配信という信じられないことをしてくれていますので。

そんなとある週末、博多駅を訪れたら大きなビジョンで何かすべてを見せてくれると・・。⬇︎

何を何を??、これを。⬇︎

それにしてもどれだけ『ABEMA』さんの宣伝をしているんでしょうね笑。

そんなつもりは全くなく、ただただ凄いと感嘆しているだけです。

予選を全て見れたのは人生で今回が初めてです。

全てを見て思ったのは、やはり全てが間違いなく面白いってことです。

ドラマがあります、喜びに溢れます、そして涙も・・。

しかし、最後(予選通過)に微笑むのはどの国になるのかはこれからの最終決戦待ちです。

サッカーにはいろんな大会がありますが、やはり全世界で国を背負うって意味では唯一無二だと思います。

そんなこんなでいよいよ序盤の最終決戦、さ〜全試合みるぞー!さすがに無理だー!笑。

いやいや可能ではあります、20時に就寝、ギリギリの4時間睡眠でそのまま0時と4時からそれぞれ2試合同時観戦し、45分程仮眠して診療突入・・・出来ないことはありませんが笑。

さてさて笑。

A組最終戦

オランダはおそらく勝つでしょう、最低でもドロー。だとしたらやはり残り1枠はエクアドル 1vs2 セネガル、この試合次第かと。

エクアドル 1vs2 セネガル

オランダ 2vs0 カタール

ドローでも進出できるエクアドルが先制され、すぐに追いつきましたが・・。死闘を制したのはセネガルでした。痺れました・・。

順当にオランダ勝利、これで1位通過。

予選一位通過 オランダ 二位通過 セネガル

 

B組最終戦

こちらもおそらくはイングランドが順当通過では。となると、この組の残り1枠はイラン vs アメリカ次第かと。

イラン 0vs1 アメリカ

ウェールズ 0vs3 イングランド

アメリカ先制、そこから激闘。アメリカはオランダとの対戦を決めました。

ウェールズも意地をかけて頑張りましたが・・。これでイングランドはセネガルとの対戦です。

予選一位通過 イングランド 二位通過 アメリカ

 

明日はC,D組の決戦です。

最高な日々ですね、思いっきり疲れていきましょう!笑。

 

 

追記:

これで残念ながら開催国カタールの予選敗退が決定しました。

しかし、とても善戦したと思います。

W杯出場経験のない国での初開催が話題でしたが、それでもこれだけ善戦できることがわかりました。

見方を変えれば、実際には紙一重でまだまだ初出場が叶っていない国が沢山あるということですね。

次大会からは出場国が増えるようです。

いろんな国のユニフォームや、その国を知る良い機会だと思います笑。

しかし、イタリアがいないのはやはり寂しいですねー笑。

 

 

2022年11月30日